ジュースクレンズ 回復食

期間後の回復食

ジュースクレンズとは1日〜多くて3日間の間、ご飯の代わりに
野菜や果物を使ったジュースのみを飲むダイエット法です。

 

要はプチ断食ですね。

 

そんな中、ダイエットが終わった後普通の食事に戻す際、
いきなり頑張ったご褒美にとガツガツ食事を取るのはNGです!

 

なぜならば、ダイエット期間にジュースのみを飲むことによって、
体はそれに慣れていきます。

 

それなのにいきなりたくさんの量を食べればお腹はびっくりし、
特に消化器官に大きな負担をかけることになります。

 

しかも、そんな食べ方をしたら、
せっかくのダイエットも水の泡ですよねっっ

 

そこで、そんなダイエット後に適しているのが、
“回復食”なんです。

 

 

● 回復食の決まり

 

回復食には、“3つの低”が決められています。

 

その三つの低とは、

 

・ 低脂肪

 

・ 低刺激

 

・ 低残渣

 

 

以上の3つになります。

 

これはどうゆうことかと言うと、
回復食を摂る際に気をつけるべき内容です。

 

 

まず、“低脂肪”の場合は、
そのままの意味で低脂肪の食事を心がけるようにすると言うことです。

 

炭水化物の場合でも、お米をそのまま食べるのではなく、
お粥や雑炊にして食べるのが良いとされています。

 

他にも、たんぱく質の食材を食べるのであれば、
お豆腐やヨーグルト、豆乳などがオススメです。

 

 

次に“低刺激”です。

 

刺激物は体の負担となってしまうため、
香辛料などの刺激が強いものは摂るのを控えましょう。

 

また、コーヒーや紅茶などを濃いままで飲むのも避けてください。

 

 

最後は“低残渣”です。

 

低残渣とは一体なんでしょうか?

 

残渣とは、消化がしにくい食物繊維のことを言います。

 

代表的なものは、
キノコやこんにゃく、ごぼうやセロリなどがあげられます。

 

ジュースクレンズなどのダイエット後は、
なるべく消化が良い回復食を口にするようにしましょう。

 

 

● 回復食として何を食べればいいの?

 

結局のところ、どんな食べ物を食べればいいの?と
迷ってしまうと思います。

 

回復食として一番最初に食べると良いのは、“お粥”です。

 

お粥と言っても味付けなどはぜずに、
梅干し一つ乗せるぐらいが丁度いいです。

 

そこから徐々に、お豆腐だったり、
納豆などの形があるものを食べていけば良いんです。

 

 

ジュースクレンズなどのプチ断食が成功しても、
そのあとに食べる回復食でそのダイエットは左右されます。

 

なので、しっかりと食べる食材や飲み物を選んでから
口に入れるようにしていきましょう。

 

 

⇒ジュースクレンズを始める前の準備

 

 

関連ページ

ジュースクレンズを行うためにする前日の準備
ジュースクレンズは今話題の「ジュースで痩せる」ダイエットプログラムです。でも値段がちょっと高いかも?ジュースクレンズを安い値段で試す3つの方法を紹介しています。
生理中でも大丈夫?
ジュースクレンズは今話題の「ジュースで痩せる」ダイエットプログラムです。でも値段がちょっと高いかも?ジュースクレンズを安い値段で試す3つの方法を紹介しています。